猫と生きる

猫に関する様々な事柄について書いていくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫の病気-感染症についてⅤ

【免疫不全ウイルス感染症】
 病原体・・・免疫不全ウイルス
 ワクチンの有無・・・なし
 主な症状・・・発熱、リンパ節の腫れ、免疫力の低下
 感染原因・・・感染猫の唾液

いわゆる「猫エイズ」と呼ばれる病気です。症状も人間のそれと変わらず、ウイルスが体内の免疫を破壊してしまう為に抵抗力が衰え、様々な病気に罹りやすくなってしまうというものです。

初期症状としては、一時的な軽い発熱、リンパ節の腫れが見られますが、それもしばらくすると特に重い症状には至らずに表面的には治ってしまったように見えます。

しかし、数ヶ月から数年して、徐々に免疫の働きが低下してくると細菌などに感染し、様々な病気に罹ってしまいます。

最も多い症状としては、口内炎で口の中に潰瘍が出来たり、口臭やヨダレが目立つようになります。その他に、下痢、鼻炎、結膜炎、外耳炎、神経症状などが見られます。

さらに時間が経ち、病状が悪化すると貧血を起こし、白血球の数も減ってしまいます。また、体のあちこちでリンパ節が腫れてリンパ腫(血液ガンの1種)が起こることもあります。こうなると、様々な病気を併発してしまい、死亡する可能性が高くなります。

このように白血病同様に非常に恐ろしい病気なのですが、それに追い討ちをかけるかのように、この病気に対するワクチンは現在のところ存在しません。

ただ、このウイルスの感染力は非常に弱く、通常の接触ではまず感染しないと考えられています。また、母猫の母乳から感染することも少ないようです。つまり、ケンカなどで噛まれたりして感染猫の唾液が接触しない限りは、感染の可能性は低いと考えることも出来ます。

ということは、一匹の猫を完全室内飼いしていれば、それ程この病気を怖がることもないのかもしれません。とはいえ、ワクチンはあるに越したことはないですから、一刻も早いワクチンの開発を望みたいですね。

なお、このウイルスが人間に感染したり、人間のウイルスが猫に感染したりといったことはありません。

今日はこの辺で。


ブログランキングに参加中。
一票お願いします。


スポンサーサイト
  1. 2005/10/22(土) 04:26:18|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ハヤト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。