猫と生きる

猫に関する様々な事柄について書いていくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫の病気-感染症についてⅣ

どうもです。前回の更新から、かなりの間隔が空いてしまいました。気を取り直していってみます。

【白血病ウイルス感染症】
 病原体・・・白血病ウイルス
 ワクチンの有無・・・あり
 主な症状・・・発熱、貧血、リンパ腫など
 感染原因・・・感染猫との直接的接触、母子感染

この病気は怖いですよ。急性の症状が現れると、4日以内に半数が死亡、慢性の経過をたどったとしても、3年以内に80%が死亡するというんですからね。

名前の通り、感染すると白血病を発病するのはもちろんですが、それだけでなく、様々な病気に対する抵抗力が低下しますので、いろいろな症状を示します。

しかも、症状が出るまでに数ヶ月から数年と長期間に及ぶ為に感染したかどうかに飼い主が気づかないのです。

治療手段としては、抗ウイルス薬のインターフェロンによる治療が試みられてはいますが、感染症自体を直接治療することは困難な状況です。ですので、対症療法が治療の中心となります。

しかし、一番望ましいのは、ワクチンを接種することです。以前は、この感染症に対するワクチンはなかったのですが、最近になって開発されたようです。残念ながら、うちのpekoはこのワクチンは接種していません。

ワクチンを接種するにあたっては、血液検査をして既に感染していないかどうかを調べる必要があります。そうでないと、折角接種したとしても、全くのムダになってしまうからです。

今日はこの辺で。


ブログランキング参加中です。
よろしければ、一票お願いします。


スポンサーサイト
  1. 2005/10/19(水) 22:18:21|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ハヤト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。