猫と生きる

猫に関する様々な事柄について書いていくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫の病気-感染症についてⅡ

さて、感染症についての第2回です。

【ウイルス性鼻気管炎】
 病原体・・・ヘルペスウイルス
 ワクチンの有無・・・あり
 主な症状・・・くしゃみ、目ヤニ、鼻汁、潰瘍性角膜炎など
 感染原因・・・ウイルスを持っている猫に触れる、くしゃみ・せきで飛び散った唾液の飛沫を浴びることで感染する

ウイルスに感染後、およそ2~10日程で発病。症状として、せきやくしゃみなどの鼻炎の症状が出ます。あるいは、喉に炎症を起こして、咳をしたり、声が出なくなったりということもあります。

その他にも、舌の表面がただれて潰瘍を起こすような口内炎や舌炎になったり、目ヤニやまぶたの腫れなどの結膜炎の症状が出たりします。

軽度であれば、上記の症状の内、1つないし2つが症状として現れるだけで、3~4日中には快復します。

しかし、重度になると、上記の症状以外にも40度以上の熱を出して、食欲がなくなってしまいます。そうすると、生後1歳未満の幼猫だと死亡してしまうこともあります。

この病気にもワクチンはありますが、残念ながら感染そのものを防ぐことは出来ません。しかし、ワクチンを接種することによって、たとえ感染したとしても、症状を軽度に抑えることが出来ます。

今回はこの辺で。


ブログランキングに参加しています。
よろしければ、1票お願いします。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/05(水) 02:22:14|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ハヤト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。