猫と生きる

猫に関する様々な事柄について書いていくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仔猫に首輪は絶対ダメ!

仔猫を飼っておられる方へ

もし、首輪をさせているならば、とにかく外してあげて下さい。
そして、以下の文章をお読み下さい。



猫を飼っておられる方で首輪をさせているというのは
よくあることですね。

その理由として、ひとつに猫が外出して行方不明になった時
のことを考えて、という場合があると思います。

しかし、これが問題なのです。

成猫はまだいいのですが、仔猫が万が一、家に戻れなくなり
野良猫として成長した場合、成長とともに太くなった首を
仔猫用の首輪がしめつけるという事故がよくあるそうです。

想像するだけでも、大変痛ましい事故です。

さらに、これも実際の出来事なのですが、飼い主が上記のような
事故を心配して、首輪をゆるめにしておいたところ、
仔猫が首輪の隙間に片足の付け根までつっこんで抜けなくなり、
その状態で野良として成長しました。

その結果、この猫の成長した体に首輪が食い込んで、
首と胴体の皮膚を破って、肉の中まで首輪が入り込み、
傷口が腐敗するという悲惨な状態になってしまいました。

幸運にも、この猫は救助され一命は取り留めたようですが、
もしも、救助されていなければ・・・結果は想像に難くありませんね。


以上のように、首輪をすることによって、このような予想外の
出来事が起きることもあり得るのです。

大切な命を預かる者として、こうしたことを頭に入れておく
というのは大事なことだと思います。

私は、pekoに仔猫の時はもちろん、成猫になった今でも
首輪は一切させていません。
個人的に猫に首輪をさせる必要はないと思っています。


最後にもう一度。
仔猫にさせている首輪をはずしてあげて下さい。



ブログランキングに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします。

スポンサーサイト
  1. 2005/09/21(水) 04:58:09|
  2. 猫用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ハヤト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。